上宮神社   – じょうぐうじんじゃ –

image16

由 緒

 当社は、現社地に鎮座の上宮神社に、旧上川村の村内各社を合祀する許可を得て、明治43年10月22日に合祀したもので、合祀時に上川神社と改称した。『紀伊続風土記』の記録に、「境内深山周50間 村中ニアリ何レノ神ヲ祀ルカ詳ナラズ又地大大上宮トモ云フ 大将軍ノ転カ 然レドモ此辺ノ大将軍社ト云フモノ無ケレハ別神カ 三村郷和気村ニモ大上宮アリ」と見えているが、祭神は猿田彦命に批定しこれを主神として祀っている。また、配神の一柱 菊理姫命についても、『南紀名勝略志』に次の記述がある。「熊野川の内和気村在みもとの明神とて小社有後白川院熊野之御幸三三度になりける時みもとゝ云所にて告申させ給ひける御製云々」『紀伊続風土記』にも、次の記事が見える。「御本明神社禁殺生祀神菊理姫命云々」
鎮座地 三重県熊野市紀和町揚枝281
電話番号
御祭神 猿田彦命、素盞鳴命、大巳貴命、倉稲魂命、菊理姫命
祭祀 11月15日
アクセス 熊野交通本宮線「志古」下車、徒歩10分