伊佐和神社   – いさわじんじゃ –

izawa1

 射和町は今は220戸程度の町ですが、今より約420年前の、元亀天正の頃(1570~1573年)の頃は、戸数500戸をもつ活気ある町を形成し、富を集めて軽粉業者(伊勢白粉)83釜が甍を並べて栄えていました。この軽粉業が盛んになった室町末期、この軽粉素材の水銀による障害により、職人たちが手足のしびれや痛みや歯がぬけたり、若くして死ぬ人が続出したため、鎮魂の祭りを行った、これが射和祇園祭りの始まりではないかと思われます。射和の祇園さんと親しまれ、遠近より沢山の参拝者がみえます。

由 緒

 当社は三重県松阪市射和町1、073番地(現在地)に鎮座されています。
 由緒『竹川竹斎軽粉雑記』によると「天平勝宝元年(七四九)九月十五日射和東端より蓮生寺西畑の中に旧地あり、作物を除きこの地に勧請す。文禄年中(一五九二ー 九五)産子に神勅あり、この山の麓に遷し、毎年六月に祇園祭礼を行う。とある。明治四十年に八重垣神社、紀師神社など二十二社を合祀し、翌四十一年には石前神社など十一社を合祀した。 また、昭和五十七年には石前神社を分祀している。
 (祇園祭の概要)当社には今を去る八三〇余年の昔より一輿約一六〇貫もある御輿が二台保存されており、毎年七月第三土・日の二日間盛大な夏祭り(祇園祭)が斎行される。 初日は正午に 神移しの神事が始まる 。 まず第一御輿に神職が 牛頭天王の御霊代を遷座し、次いで第二の御輿へ八王子の命の御霊代を遷座しそれを三十六人の若者が拝殿前より鳥居の下まで担ぎ下ろし、露払いの鬼面を着した先達を 先頭に大榊、天王様の御輿、続いて役員、総代、間をおいて八王子様の御輿、続いて神職、役員総代か続いて町々を練り回り、午後五時ごろに御旅所である射和寺境内に到着、ここで御着の神事が斎行され、日没頃から十一時半頃まで各種の神賑行事が行われる。
 第二日目は午前八時御旅所を出御の神事が済むと若者に担がれ、町々を巡行、午後三時頃櫛田川の辺りの広場で夕方まで御休憩、夕方六時頃、十数本の高張提灯に火を入れ、又六台の子供屋台にも一斉に紅い提灯に火を入れ、鐘や太鼓で賑し立て、一輿に八本の高張提灯を御輿の屋根に組み、町々を巡行して神社へ向かう。午後十一時半頃神社に還行、拝殿前に奉安する。御還座、鎮めの神事が斎行され、二日間の祭りを終える。      
鎮座地 三重県松阪市射和町字中山1073 番地
電話番号
御祭神 建速須佐之男命、市杵島命、菅原道眞、建津奴身命、宇賀御魂神、天穂日命、天津彦根命、他神13座
祭祀 春祭日 毎年 4月第3日曜日
新嘗祭 10月第3日曜日
祇園祭り毎年7月第3土、日曜日
アクセス 近鉄松阪駅、から三重交通バスにて(熊野)方面行きに乗車し射和バス停にて下車神社まで徒歩八分、JR松阪駅から相可駅下車徒歩にて15分。 自動車、伊勢自動車道松阪インター下車、国道166号線経由し42号線射和町へ 松阪インターから約30分 伊勢自動車道勢和多気インタにて下車約30分