八柱神社(古和浦)   – やはしらじんじゃ –

img-210065618-0001_2

由 緒

 往古より津波の被害が多く由緒不祥。旧島津村大字新桑竃字大道に鎮座する。神号に天八王子と唱来したが明治4年5月1日八柱神社と改号した。以来、八幡神社、網代神社、蛭子神社、厳島神社、大字古和浦字弁天宇佐島神社は明治41年9月28日八柱神社へ合祀のうえ八柱神社と単称。大字栃木竃字天神北野神社、大字古和浦字天王津島神社、愛宕神社、稲荷神社、字有地山之神神社を明治41年9月28日、合祀、北野神社と単称のうえ、八柱神社境内社として移転。大正4年3月15日、大字古和浦字古里1145-2へ移転。
 なお、境内社北野神社は古老の口碑の伝えるところによれば、往昔、旧島津村大字栃木竃の海岸(現在の天神浜)に漂着され現地(栃木竃字天神)に祀られたもので、御神体の座裏に「延喜第二ノ御門ノ御時天下ノ泰平ヲ祈ラン為ニ謹ンデ之ヲ刻ム 永享元年春二月」とある。
鎮座地 三重県度会郡南伊勢町古和浦1145番地の2
電話番号 0596-78-0775
御祭神 天忍穂耳命・天之穂日命・天津彦根命・活津彦根命・熊野久須日命・多紀理姫命・市杵島姫命・多紀津姫命・誉田別命・木花咲耶姫命・建速素佐男命・大山津見命・事代主命・蛭子命・中筒男命・菅原道真公
祭祀 頭屋祭    12月1日
山之神祭   1月7日
八幡祭    1月10日
浅間祭   (6月第2日曜日)
祇園祭   (7月第2日曜日) 
アクセス 三重交通バス、南島線古和行き乗車約2時間「古和」停留所下車、徒歩10分
近鉄・JR伊勢市駅より車で約1時間