八玉神社   – やたまじんじゃ –

IMG_0599

由 緒

 当社は旧八王子と称し、往古より北浜村有滝の地の産土神として祀られていた社であった。その創祀等については不詳であるが、明治3年には改号して、村社八玉社と称するようになった。
 そして明治の神社合祀令により、明治42年6月24日、北浜村大字有滝字大里鎮座の無格社3社(秋葉大権現、牛頭天王、金比羅大権現を祀る社で本殿は一棟三扉の形をなし、それぞれ秋葉社、津島社、琴平社と称した。三神を祀る社であったため三社と号したという)、同字大浜鎮座の無格社厳島社(厳島神を祀る社で、旧辨天と称したが、明治三年厳島社と改号)、同宮ノ前鎮座の無格社山神社(大山祗神を祀る)の3神社を合祀した。
 しかし、神社合祀の波は当八玉社にも押しよせた。明治42年6月25日、北浜村大字有滝字社護神鎮座の無格社社宕神社(神名不詳一座)とともに、村社八玉社は、北浜村大字村松字東大淀の立会地に新設された村社北浜神社に、移転合祀された。一村一社の原則の下に、北浜村内の神社はすべて北浜神社に統合されたのである。
 これにより八玉社は断絶することになったのだが、昭和6年1月、氏子の総意によって、旧宮地に社殿、境内設備等を調え、非公認ながらも産土神を奉斎し、八玉社を復活させた。このことからも、いかに信仰が篤かったかが窺い知れよう。やがて、昭和26年3月には神社本庁の承認を得て、正式に八玉神社を設立し、今日に至っている。
 この有滝の地は、伊勢湾に面した土地で、古くは神領伊蘓郷に属し、中世には武家領に帰し、後に幕府領となり正税313石の石高であったと言われている。山田奉行所が置かれていた地、建武中興の時代の結城宗廣郷の乗船地として知られている。
鎮座地 伊勢市有滝町2253
電話番号
御祭神 《主》天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)天穂日命(あめのほひのみこと)天津彦根命(あまつひこねのみこと)活津彦根命(いくつひこねのみこと)熊野櫲樟日命(くまのくすびのみこと)田心姫命(たごりひめのみこと)湍津姫命(たぎつひめのみこと)市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
《合》火之迦具土神、建速素盞嗚命、大物主神、厳島神、大山祇神、祭神不詳
祭祀 御頭神事:1月第2日曜日
春 祭 :3月第2土曜日
秋 祭 :9月第2日曜日
アクセス