御薗神社   – みそのじんじゃ –

御薗神社1

 当地区内を国道が開通したことにより、大型ショピングセンター等の進出で都市化が進んでいるが、当社は田園の中の鎮守の森にあり、今も、氏子の参拝者が絶えない。

由 緒

 当社は明治40年12月30日御薗村王中島高向の地を社地と定めて、王中島、小林、新開、長屋にそれぞれ奉斎する各社を、合祀することになつたものの都合により、王中島西条633に鎮座される足穂神社の社地へ変更し、明治43年に合祀祭を斎行の上、御薗神社と称し、その後大正3年11月11日に上条区高羽江神社を合祀、昭和26年9月6日神長屋神社、同年12月5日二木神社を分祀、現在に至る。  
鎮座地 三重県伊勢市御薗町王中島663-2
電話番号
御祭神 大山祗神、八柱神、宇迦之御魂神、不詳七座
祭祀 例祭 2月17日
アクセス 三重交通バス、大湊線「新開」停留所下車徒歩20分。