柿野神社   – かきのじんじゃ –

kakino_keidai-

 古くから『南天の宮』として親しまれている。
伊勢本街道に位置し、参宮者が当社に自生する南天を見て神宮が近いことを確認したという。現在でも境内には赤・白・黄色などの南天が多く自生し、氏子のみならず多くの参拝者が参拝する。
 平成22年には本遷座祭が執り行われた。毎年7月の祇園祭には花火が100発打ち上げられ、市外からも多くの参拝者で賑わう。

由 緒

 当社は三重県松阪市飯南町横野(現在地)の八雲神社を前身としており、明治40年3月27日に菅原神社、秋葉神社、山神社の各境内社、更に八幡神社(飯南町横野鎮座)を合祀する官許がおり、同年4月3日に合祀祭を執行し、八雲神社となる。また、明治42年3月8日には八雲八柱五霊神社(飯南町深野鎮座)、雨降神社(飯南町深野鎮座)、八雲神社神社二座(飯南町下仁柿、上仁柿鎮座)それぞれを当地に移転・合祀の許可を得て、同年5月6日に合祀祭を斎行の上、柿野神社と称し現在にいたる。
鎮座地 三重県松阪市飯南町横野539番地
電話番号 0598-32-3941
御祭神 素盞嗚尊、他17座
祭祀 春祭 4月第2日曜日
夏祭 7月第2日曜日
秋祭 10月第2日曜日
アクセス 三重交通バス、飯南波瀬線「柿野」停留所徒歩2分