梶賀神社   – かじかじんじゃ –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 梶賀には尾鷲市の無形民族資料に指定されている梶賀ハラソ祭がある。この祭は大般若経の転読を行うため、鯨の供養が重んじれている一方、捕鯨の様を再現しこの地域の神々に奉納し大漁祈願したものと伝えられているが、現在、神社との関係が詳らかでないのが残念である。

由 緒

 当社の創祀については詳らかにし難い。ただし、「紀伊続風土記」には「社地森周三六間村中にあり、祀神詳ならず」という記されているところ、梶賀ハラソ祭の歴史からそれなりの古さがあると見られる。近世には梶賀浦の氏神 久立神社として村民の崇敬を集めていた。
 明治42年(1909)無格社稲荷神社と合祀して梶賀神社と改称し現在に至っている。境内社として稲荷社(倉稲魂命)が祀られている。
鎮座地 三重県尾鷲市梶賀町9
電話番号
御祭神 倉稲魂命、不詳一座
祭祀 例祭 4月15日
アクセス JR紀勢本線「賀田」駅下車 駅前より梶賀町行きバス 「神社前」下車 徒歩1分