水屋神社   – みずやじんじゃ –

mizuya_jinja2

境内ご案内

水屋の大楠
県天然記念物。樹齢千年、樹高35メートル、根回り29メートル、胸高周囲16.63メートル。春日さま、お稲荷さまを祀っています。

正八幡宮扁額
水屋神社斎館に「正八幡宮」の扁額が掲げられています。
「源義経が文治の頃吉野の山を出て伊勢の神宮へ参詣の途次、今のサガミ峠にさしかかるや突然黒雲が起こり、八幡の旗が雲の中よりひるがえった」(勢陽俚諺)といいます。義経はこの吉兆に慶び、ここに八幡社を建立したと伝えられています。明治40年、水屋神社に合祀されました。

さざれ石
国歌「君が代」に詠われている、岐阜県揖斐郡から贈られた「さざれ石」が置かれています。

縁結びの桜
春宵ライトアップされた桜はまた格別です。

むささび
境内には多くのむささびが棲息しています。人懐っこく、夕暮れ時に現れます。

神社周辺

閼伽桶(あかおけ)の井
当社の西方、約700メートルにあります。お水祭りではこの井戸から汲み上げた神水を入れた二振りの閼伽桶を水御輿に載せ、本社へ渡御します。

姿見の池
『倭姫命世紀』によれば、垂仁天皇22年、天照大神がご鎮座される地を求めて伊勢に入られた倭姫命がこの地を旅したとき、作滝村の滝野神社に泊まられ(この神社はその昔高宮ともいわれ、天照大神と乙加豆知命が祀られていた。しかし明治44年に水屋神社に合祀され、現在では神社の跡地は公園になっている)、この「姿見の池」で自分の姿をお写しになり化粧をされた、という。

礫石(つぶていし)
当社の東方、約200メートルの和歌山街道沿い、櫛田川中にあります。 「国分け伝説」が伝わっています。

由 緒

創建:
 千余年前、大和の春日大社の安在所として天児屋根命を奉斎す。その後、大化4年(648)奈良の三笠山から素盞鳴命、龍神姫命、櫛稲田姫命を勧請す。和銅3年(710)興福寺東門院領「閼伽桶の庄」となり、慶長5年(1600)関ヶ原合戦以降伊勢領となる。
 当社にのこる南北朝時代文中2年(1373)の棟札にも大和州閼伽桶庄宮と記されており、三殿並立朱塗りの春日造も、明治25年、現在の神明造に改められた。

由緒:
 垂仁天皇25年(紀元前51年)天照大神が当地に巡幸された際、この地に鎮座しておられた春日の神と議って川中の巨石を以って伊勢・大和両国の境とした。この話は、隣接する滝の郷が神宮内宮の御厨であるという「神鳳抄」の記事を考えあわせると、当社が興福寺領の西端を、滝野郷が内宮領の東端を示すものとして注目される。
 里人は今もこの巨石を「礫石(つぶていし)」、また、その付近を「堺が瀬」と呼んで慕っている。柳田国男はその著書「日本の伝説」のなかでこの話を取り上げている。
 神社名(水屋神社)・所在地(赤桶)・特殊神事・(水取り)祭神(龍神姫)などすべてにわたって水との関わりがあり、当社の西方約700メートルのところには「閼伽桶(あかおけ)の井」がある。
 旧記・古文書の類にはこの「閼伽桶の井」の神水を二振りの桶に汲み、貞観元年(859)11月9日より春日大社への奉納を始め、天正5年(1577)の兵乱で中絶したとある。しかし、細々ながら神水はその後も当社へ奉納されてきた。
 平成14年、425年ぶりに春日大社への水送り神事(11月9日)が復活した。
 宮家のご信仰として、一品京極宮家仁親王の胡佐の宮誕生報恩の令旨が奉納されている。
 今日のように賑々しく祭事が取り行なわれるようになったのは皇紀2600年(昭和15年)の奉祝を契機としている。
 平成18年フランス・ブルゴーニュ地方ラ・モンターニュ村に分祀社「和光神社」を建立。
鎮座地 三重県松阪市飯高町赤桶2507
電話番号 0598-46-0932
御祭神 天照大神、天児屋根命、素盞鳴尊、龍神姫命、櫛稲田姫命、神功皇后、誉田別尊、多紀理姫命、市杵島姫命、多岐津姫命、武内宿禰、大山祇神、宇賀之御魂神、蘇民将来、加具土神、菅原天神、乙加豆知命
祭祀 元旦 歳旦祭
旧暦12月12日 吉元将軍慰霊祭
春分の日 春祭・戦没者慰霊祭
6月11日 春日大社へお水送り
6月の下旬 大祓式
7月31日 宵宮祭(お水祭り)
8月1日 夏祭・祖霊祭
11月23日 秋祭
歳末の日曜 〆縄綯い(拝殿/大楠/閼伽桶の井などの〆縄綯いが行われます)
12月の下旬 大祓式
12月31日 除夜祭(若水取り/「閼伽桶の井」から若水を汲み本社に奉納したのち参詣者に振る舞われます)
アクセス 車:
松阪駅(JR,近鉄)より約30km、松阪IC(伊勢自動車道)より約25km
勢和多気IC(伊勢自動車道)より約20km、高見峠(三重・奈良県境)より約25km
バス:
三交バス飯南波瀬線「向赤桶」下車すぐ(松阪駅から所要約40分)