越賀神社   – こしかじんじゃ –

由 緒

 今の神社は明治40年9月18日、村内小祠のことごとくを合祀したものであるが、五反のう内鎮座の八重垣社は「創立嘉永3年(1850)6月ノ創立ニシテ天王ノ社ト唱来明治2年9月八重垣社ト改称」とあり、荒見崎鎮座の琴平社は「元治元年(1864)6月創立金毘羅権現ト唱来」とある。また、※(木へんに曽)山鎮座の倉稲霊社は「慶応元年(1865)2月創立稲荷社ト唱来」とある。
 亀ヶ坂鎮座の夷ノ宮の境内に、大鯨の骨があり、宇参宮浦に漂着した大鯨だという。今もこの浜を鯨浜という。
鎮座地 志摩市志摩町越賀 501・501-1
電話番号
御祭神
祭祀
アクセス