追間神社   – はさまじんじゃ –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

由 緒

 当地は極めて古くより古代人が居住していたと考察されており、従来発掘された遺跡遺物は旧石器時代(一万年前)と想察され、叩石、石斧、凹石、また縄文式土器、礫器、鯨骨類、弥生式土器、土師器等が採掘されている。これらは祭礼等に使用されたとされる。また、古墳時代のものとしては、古墳八基が確認されており、こららは4~7世紀頃に近地の集落を支配する豪族がいたことがわかる。この他の人たちは常時漁獲物、製塩、農産物により生活し、生活規模は相当大きなものであったと思われる。この様にして往古より居住していた住民らは祖先を祭り、また神を祭り、神の加護のもと生活の糧として農漁業を営み、これに伴って寺院が盛んに建立されたのは室町時代以降江戸初期14~17世紀までといわれる。神社の由緒は詳らかではないが口伝古文書の確認によれば享保21年(1736)の迫間浦指出書、迫間神社宮七社とあり、次いで明和2年(1765)寺社造立覚に八柱神社の宮建神遷とあり、明治3年11月に八王子神社と改称して迫間八幡神社と称号。明治41年11月境内外社11社を合祀して八柱神社となる。特に乳母神様と称せられる宝暦元年(1751)に御造営され神遷された神社が合祀されている。子供の百日咳に御神助があり、真綿を供進して平癒祈願のため多数の方が参拝される。
鎮座地 三重県度会郡南伊勢町迫間浦445
電話番号 0599-64-2697
御祭神 大山祇命、天忍穂耳命、天津日子根神、熊野久須比命、市杵島比賣命、八幡神、天穂日命、活津日子根命、多紀理比賣命、多紀都比賣命、津島神、水釋神、金刀比羅神、秋葉神、愛宕神、乳母神、恵比須神
祭祀 神祭(じんさい)12月1日に近い日曜日 神祭1ヶ月前に注連縄掛式と称し大祷屋の家屋を祓い清めて注連縄を張る。当日に神饌として甘酒の仕込みをする(潔斎した氏子代表2名による奉仕)。また、米蒸物をつくり大神供之甘酒とともに一般氏子並びに参拝者全員に振る舞われる。同時に祷屋の受け渡しの式を行う(三重県特殊神事)。祈年祭、八幡祭1月2日豊凶を占う。浦祭7月14日丸島海津見神社の例祭。漁船のパレードがある。
アクセス 三交バス近鉄宇治山田ー伊勢市駅発サニーロード経由「南勢迫間」下車15分