須原大社   – すはらおおやしろ –

IMG_0779

 お頭舞神事(獅子舞)は 2月11日祭儀の後 社を出発 氏子地区を終日かけて巡回 夕闇迫る頃 社に戻り 神前に於いて 剣の舞を得て終了する。
 この舞の歴史は 凡そ五百年前に遡り氏子により引き継がれてきましたが、戦後は一時舞い方を他町に依頼していましたが、昭和50年より再び氏子青年により奉仕されることになり今日まで続けられている。

由 緒

 往古 当社一帯は宮川の支流で、その河原の洲原にありと伝えられている。 古来 沼木郷全体の護りとして「大社」と呼ばれていたが後に、「須原の大社」となる。古文書によると 「須原」とは土地の名称で「沼木郷山田字須原」とあり山田村の一地区とされている。自然に成立した産土神で山田村八社の一つ   
鎮座地 三重県伊勢市一之木1丁目3-6
電話番号 0596-28-5620
御祭神 正哉吾勝勝速日天之忍穂耳尊 天之穂日尊 天津日子根尊  活津日子根尊 熊野久須日尊 多岐理比賣命 市木島比賣命  多紀津比賣命 木花開耶姫命  大山祇神 菅原道真公  不詳一座
祭祀 例祭 9月15日  お頭舞神事 2月11日
アクセス JR・近鉄伊勢市駅より西へ徒歩10分 豐受大神宮(外宮)別宮 月夜見宮 西に位置する。