飛鳥神社   – あすかじんじゃ –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 当社の例祭は祝詞があげられると、各地区の青年達が社前でもみ合い始め、その中に御幣が投げ込まれる。この御幣を取った地区が五穀豊穣、大漁満足となると云われており、皆で必死に奪い合うのが見物である。又、神社樹叢は県天然記念物に指定されており、境内にある楠、杉は樹齢一千年以上と云われている。

由 緒

 当社の創祀については、詳らかにし難い。しかし、社伝によれば熊野新宮の阿須賀神社の末社として創祀されたと伝えられている。現存している寛永15年(1638)の棟札(尾鷲市最古)に「此宮仁無年歴代々校見来者七百余古宮也」から少なくとも一千年以上、又、当社周辺の地域より縄文土器が大量に出土しているから、更にそれ以上の古さを持つと考えられる。
 近世には、産土神阿須賀大明神として曽根を中心に賀田、梶賀、古江の四郷の崇敬をうけている。明治4年(1871)村社に列せられ、同39年(1906)神饌幣帛料供進社となり現在に至っている。
鎮座地 三重県尾鷲市曽根町610
電話番号
御祭神 速玉男命、事解男命、譽田別命、素盞嗚尊、木花咲夜姫命
祭祀 例祭 11月15日
11月23日
曽根の祭り 1月3日~5日
アクセス JR紀勢本線「賀田」駅 下車 徒歩15分
或いは、 駅前よりバス「曽根」下車