川添神社   – かわぞえじんじゃ –

神社入り口

 「五身懸祭(ごみかけまつり)」は、山の神の神事や仏教信仰と結びついた、五柱神(倉稲魂神、少名彦名神、大国主神、埴安彦神、天照皇大神)と産土神に五穀豊穣、諸業繁栄、氏子の安泰を祈願する当神社独特の祈年祭である。各神社で奉仕される祈年祭に、特殊な神事(献酒、弓射、万歳楽、苗松)や当日の参詣者も加わった、全国的にも珍しい祭である。栃原区と新田区の当番組によって奉仕され、神社へ参向する行列も見物に値する。

由 緒

 大和朝廷成立期、伊勢・熊野周辺の国造であった建日別命は、栃原周辺の奴を討伐後、濁川に囲まれた牟山野(宮野)に住居を構え、栃原周辺を統治されました。江戸時代以前には、その住居跡にあった直径3尺の大榊を神籬木として『榊元神社』が鎮座しており、そこへ建日別命を産土神として天手力雄命と共に祀り、『建日別神社』と呼ばれるようになったことが当神社の創始と考えられている。
 その後、併祀された山の神には正月に甘酒を捧げる神事が行われ、五社の小社では田植えの頃に御弊を捧げ、五穀豊穣と豊かな狩猟を祈る神事が行われており、『ごみかけの宮』とも呼ばれるようになった。
 明治時代になり、旧川添村の各部落(高奈、粟生、上楠、下楠、神瀬、栃原、新田、柳原、千代)に祀られていた『八柱神社』など15社とその境内社66社を合祀し、郷社となり現在に至っている。 
鎮座地 三重県多気郡大台町栃原1481
電話番号
御祭神 建日別命  天手力雄命
天忍穂耳命 倉稲魂命 天照皇大神など30座
祭祀 例祭(4月15日) 春分祭(春分の日) 秋分・慰霊祭(秋分の日)
新穀感謝祭(11月23日)
厄除・祝賀報告祭(2月11日)
五身懸祭(2月19日直近の日曜日)
アクセス JR紀勢本線「栃原」駅下車 徒歩3分  三交バス「栃原駅口」下車徒歩1分  南紀特急バス「茶屋」下車徒歩7分