相生神社   – あいおいじんじゃ –

左下1-

 祈年祭には、主として国家の隆昌と氏子崇敬者益々の健康と安全を祈る。例祭には、当神社創設の昔に思いをはせ氏子崇敬者益々の健康と交通安全を祈る。新嘗祭には、新穀を捧げて報恩感謝の誠を捧げる。

由 緒

 当社の創始については詳らかではないが、兄国創村の際、天忍穂耳命を産土神として当地に奉遷したのが始まりという。江戸時代には八王子と称し、明治初年に八柱神社と改称された。明治41年2月24日兄国の菅原神社をはじめ23社を当社に合祀の上、相生神社と単称した。大正8年2月7日に神饌幣帛料供進社に指定され、現在に至る。
鎮座地 三重県多気郡多気町兄国1016番地
電話番号
御祭神 天忍穂耳命、熊野久須毘命、活津日子根命、菅原道眞、御年神、天手力雄命、市杵島姫命、多紀理毘賣命、素盞鳴尊、宇賀御魂神、天津日子根命、天菩日能命、田岐都比賣命、木花咲耶姫命、不詳九座
祭祀 祈年祭   2月22日
新嘗祭   11月30日
年越の大祓 12月30日
アクセス JR参宮線・紀勢本線「多気駅」下車、徒歩10分