若之神社   – わかのじんじゃ –

DSC_0007

 本殿と拝殿、手水(ちょうず)舎、社務所などがある。町内の神社本殿は伊勢神宮との関係から、神宮にならって「神明(しんめい)造り」で、若之神社も小さいながら神明型をしている。しかし、石鳥居は神明鳥居ではなく、明神(みょうじん)鳥居。

由 緒

 当社は、天文・弘治年間(1532-58)、伊勢国司北畠氏第4代当主・北畠教具(のりとも、1423-71)の三男・具郷(とものり、1528-76)が、この村に築城して佐田丹後守と名乗った。教具は、具郷に命じて北畠氏の守護神「若宮八幡宮」を勧請し、城の鎮守として祭らせた。1576(天正4)年、北畠氏第8代目・具教が暗殺され、北畠氏は滅んだ。具教の孫・忠英は、このときに自害。ひ孫・定勝は度会郡岩出城(現・玉城町岩出)に移り、北畠を再興しようと図った具教の弟・北畠具新(ともちか、生年不詳ー1586)の軍に参加したが、敗退。毛利氏を頼って落ちのび、佐田城は滅んだといわれている。村人は、旧主君の恩を報いるため、旧跡に若宮八幡の社を再造営し、のちにこれを若之神社に改めて、産土神(うぶすながみ)として祭ることにした。
鎮座地 三重県多気郡明和町大字佐田675番地
電話番号
御祭神 譽田別命(ほんだわけのみこと)
応神天皇のことで、八幡大神ともいう。
祭祀 秋祭 12月中旬
アクセス 近鉄「斎宮駅」下車、タクシー10分。徒歩60分