領内神社   – りょうないじんじゃ –

領内神社3

 領内神社は、氏子数295世帯で、各里々の神社を合祀した産土神として親しまれている。位置は、旧宮川村の中央部にあり、現在の国道422号線沿い町営バス始神バス停から徒歩5分で着く。鳥居をくぐり参道の奥には、樹齢200年以上の杉の大木が境内を覆うように立ち、静けさとあいまって、一層厳粛なものにしている。 平成21年10月25日には、遷座祭があり、境内では、盛大に遷座奉祝祭が斉行された。神社から車で5分あまりで、「奥伊勢フォレストピア」観光施設があり、川遊びや天然温泉の入浴・体験工房など、多くの人で賑わっている

由 緒

 当社は、明治40年(1907)12月3日、三重県訓令甲第52号をもって往古から明豆、御棟、小滝、上滝、滝谷、唐櫃、南、大井の八地区に鎮座し里人の産土神として祭られてきた村社(八柱神社)5、無格社19社、境内社12社、を小滝八柱神社に合祀し、当時の村名「領内」を社名とし現在にいたる。
鎮座地 三重県多気郡大台町小滝字始神340番地
電話番号
御祭神 誉田別命、田心姫命、湍津姫命、市杵島姫命、宇迦之御魂命、熊野櫞樟日命、天忍穂耳命、素戔嗚命、大山祗命、金山彦命、猿田彦命、経津主命、活津彦根命、瓊々杵命
祭祀 秋祭 11月第1日曜日
アクセス JR紀勢本線、三瀬谷駅下車 大台町町営バスで大杉方面行きに乗り25分で、始神バス停下車、徒歩5分