麻續神社   – おおみじんじゃ –

image

 当神社は国史跡『斎宮跡』の北に広がる田園地帯に鎮座する。近くを歴代斎王の禊の場、祓川が静かに流れており、斎宮歴史博物館やいつきの宮体験館等もほど近く、毎年6月の斎王まつりには内外から多くの人が訪れている。

由 緒

 創始は不詳であるが、上代まで遡るものと思われる。明治45年に豊城入彦命を祀る式内社の中麻續神社に村内の坂本神社、粟須美神社、美里神社、宇気比神社が合祀され、その際に麻續神社と改称した。昭和43年11月に坂本神社は分祀し現在に至っている。
鎮座地 三重県多気郡明和町中海87番地
電話番号
御祭神 豊城入彦命、大巳貴命、豊受比賣神、豊鋤入姫命、応神天皇、宇迦之魂神、他三座
祭祀 歳旦祭1月1日、祈年祭2月18日、秋祭11月3日
アクセス 近鉄斎宮駅より北へ徒歩25分、車で約5分