八雲神社(西野々町)   – やくもじんじゃ –

CIMG4680-

通称 西野々八雲神社
神紋:左三巴
境内:480坪、 境外地:30坪、社殿:本殿、拝殿、幣殿、神輿庫、社務所、手水舎
氏子:35戸、西野々町、崇敬者:170名

由 緒

 当社の創祀については、詳らかでない。社伝によると室町時代であると言われている。八雲神社は、その創始より現在に至るまで、西野々地と大変密接なつながりがあり、当地の鎮守の神・産土神として地元の人々の厚い崇敬を集めてきた。明治時代に神社合祀政策の影響を受け、古井町の八柱神社(八柱神)、西野々町の御門神社(御門神)・八幡神社・春日神社、御正神社(御正神)を合祀した。しかし、昭和22年8月3日、一旦合祀した八柱神社を元の鎮座地へ分祀した。
鎮座地 松阪市西野々町520番地
電話番号
御祭神 建速須佐之男命、品陀和気命、八柱神、御門神、御正(みしょう)神 
祭祀 例祭8月3日、 春季大祭3月14日、 報告祭4月中旬
アクセス 国道23号線「西黒部」信号(交差点)より南へ車で3分