大皇神社   – だいこうじんじゃ –

大皇神社②

 12月9日の例祭は、古くからの地域の祭という側面もあって多くの氏子が参拝に訪れる。餅撒きも行われ、境内は多くの人々で賑わいをみせる。

由 緒

 当神社は第55代文徳天皇第一皇子であり木地物を考案された惟喬親王をお祭りしている。親王は飯南郡を経て現在の社地に住居され、里の人々に木地物を作る業を教えられた。承久2年、親王の寵臣の後裔、小椋助之亟が親王の御分霊を滋賀県君ヶ畑から奉持して現在の社地に奉祀したものである。当神社の氏子の殆どが小倉姓である。
鎮座地 三重県度会郡大紀町崎143
電話番号 0598-74-1400
御祭神 惟喬親王命・大山祗命・木花開耶姫命・金山比古命・火産靈魂
祭祀 4月9日
例祭 12月9日
アクセス JR紀勢本線「伊勢柏崎」駅下車 徒歩7分
紀勢自動車道・紀勢大内山ICから5分