阿射加神社(小阿坂)   – あざかじんじゃ –

阿射加神社写真2

神紋:花菱、 境内:5,891坪、 境外地:1,215坪、      
社殿:本殿(大社造・三殿で本殿をなす)、社務所、調舎、馬舎
境内社:大若子神社(大若子命)、氏子:210戸、小阿坂町、崇敬者:若干名       

由 緒

 倭姫命が皇大神の御神霊を奉じ、諸国を巡行せられたとき、安佐賀の山の嶺に荒ぶる神がおり、倭姫命は宇治の五十鈴の川上の宮に行くことが出来なかった。倭姫命はこの荒ぶる神の所業を天皇に申し上げるため伊勢大若子命たち三人を朝廷に遣わされたところ、天皇は大若子命に命じて荒ぶる神を祀るための様々な贈り物を賜えた。大若子命はその贈物をもって荒ぶる神に捧げ、ついに安らかに鎮めることができ、安佐賀に社殿を建て、伊豆速布留神をお祭りするようになった。この社殿が今の阿射加神社で、伊豆速布留神とは猿田彦大神。時は垂仁天皇18年の4月16日のことで、神社創建にかかわった大若子命は、当社の境内社「大若子命神社」に祀られている。
 承和2年(835)従五位下、斉衡2年(855)従四位下、貞観8年(866)従三位を捧げ奉ると国史にみえている。「阿射加神社(並明神大)」とある式内社は当社のことである。
鎮座地 松阪市小阿坂町120番地
電話番号
御祭神 猿田彦大神
祭祀 例祭10月8日、 年中恒例祭四回 「かん踊り」:1月14日 江戸時代から続いており、大人の音頭で男子がかんこ踊り、女子がうちわ踊りを行う。(三重県無形文化財) 粥試し・御火試し」:1月14日 二つを合せて行う年始めの神事。粥試しは稲作の作柄を、お火試しは1年間の天候を占う。(松阪市無形文化財)
アクセス 近鉄・JR「松阪」駅から小野行バスにて「阿坂小学校前」下車、徒歩3分