宇氣比神社(磯部)   – うけひじんじゃ –

 
伊雑浦の東南の海辺に位置し、区民独立心強く百戸余の氏子で信仰維持し、経済的理由からか祭典日以外、本殿は雨覆いに囲まれている。又一村一神社への勧奨合社命令に従わず、古い時代のしきたりも多く残している。

由 緒

 古老によると、古くは日天八王子三社様と略称し、坂崎御厨の跡地なりとも言う。明治6年3月 村社に列せられ、明治40年11月20日宇氣比神社境内社、若宮社、土ノ宮社地区内天王山に鎮座の無各社、八雲神社、八幡神社、弁財天社(市杵島姫命)を村社宇氣比神社に移転合祀のうえ、宇氣比神社と単称する許可を得て、明治41年12月5日合祀し、この日を記念して毎年大祭式典を挙げて今日に至る。
鎮座地 志摩市磯部町坂崎460-2
電話番号
御祭神 五男三女神 誉田別尊 猿田彦大神 素佐鳴尊
祭祀 12月5日前後日曜日
1月3日弓引き、獅子舞
アクセス 近鉄穴川駅より東へ2キロ 徒歩30分。近鉄鵜方駅より、スペイン村行きバス停、坂崎口より西へ徒歩15分。