宇氣比神社   – うけひじんじゃ –

ukehi_1

 天王祭は五穀豊穣、大漁満足、疫病退散、町内安全を祈願して御神体(建速素盞鳴命)を 山車に奉じて町内を曳く祭りである。
 御頭神事は市無形民俗文化財に指定された神事で、町内安全、五穀豊穣、大漁満足を祈願して獅子頭による舞をなし、町内除疫を祈るものである。

由 緒

 当社の創始は不詳であるが、古くから村松の産土神として祀られていた。もとは八王子社と称したが、明治2年8月に改称して宇氣比社となった。明治40年3月には、境内神社であった末社(神名不詳)、塩ノ神社、中川ノ社、無格社の天神社の末社、神池の社を合祀し、明治42年5月には、無格社天神社と番外社秋葉神社を合祀した。更に同年6月には合祀令の一村一社の原則により、北浜村内の八玉社(有滝)、佐登奈加社(東大淀)、加須夜神社(柏)と統合され、村松と東大淀の立会地に新しく村社北浜神社として合祀された。
 しかし昭和26年3月に北浜神社から、八玉神社、佐登奈加神社、加須夜神社が分祀され、同年12月社名を北浜神社から宇氣比神社に改称し、翌27年神社を元宮地に移転し、今日に至っている。
鎮座地 三重県伊勢市村松町3920番地
電話番号
御祭神 天忍穂耳命、天穂日命、天津彦根命、活津彦根命、熊野久須毘命、湍津姫命、田心姫命、市杵嶋姫命、建速素盞鳴命、神命不詳六柱
祭祀 【例祭】旧8月18日 【天王祭】7月14日 【御頭神事】2月11日
アクセス 近鉄「明野駅」下車、タクシーにて5分。