宇治神社   – うじじんじゃ –

IMG_0833

境内神社:蓬莱稲荷神社(稲荷大明神)
社  殿:本殿(神明造)拝殿 社務所
境  内:635坪 境外地 611.66坪
氏  子:900戸 今在家町 中之切町 館町 浦田町

由 緒

 当社の創祀については、古来二説ある。一つは皇大神宮末社那自賣神社の旧地であるという説(那自賣は納米の転訛という)で、今一つは、万治3年(1660)7月29日、宇治洪水の時に、神路山に合った小祠が此処に漂着したのを祭祀したものだという説である。いずれにしても、当社は以前は中之切町字森に鎮座した社で、社地は東西九間、南北七間、面積45坪2合5勺で、饗土ノ山神社とも称したと伝えられている。
 明治16年8月、元不動明王院の鎮守であった弓場天神を当社瑞垣内に、別に小祠を造立して奉祀した。
 明治41年3月、館町鎮座の求神社(御裳須曽姫神)、足神社(宇摩志阿斯訶備比古遅神)、水神社(速秋津日子神・速秋津比女神)、今在家町鎮座の鏡石神社(新川比賣神)、石津賀神社(神名不詳)、山神社(大山祗神)、稲荷社(宇迦之御魂神)、佐野姫神社(同)、水神社(水波賣神)、中之切町鎮座の蘭神社(素盞嗚尊)、浦田町鎮座の八幡社(應神天皇)、稲荷社(宇迦之御魂神)、秋葉社(火産靈神)、瀧倉神社(玉移良比賣神)、山神社(大山祗神)、崇忠神社(菅原道眞・和氣清麿・楠正成・天兒屋根命・大織冠鎌足)を、同年7月、館町鎮座の荒木田一門神社(天見通命・彌武彦神)を合祀し、明治45年5月、境内社弓場菅原社(菅原道眞)を合祀し、今日に至る。
鎮座地 伊勢市宇治今在家町172
電話番号
御祭神 大山祗神、天見通命、彌武彦神、御裳須曽姫神、宇麻志阿斯訶備比古遅神、速秋津日子神、速秋津比女神、新川比賣神、宇迦之御魂神、水波賣神、素盞嗚尊、應神天皇、火産靈神、玉移良比賣神、菅原道眞、和気清麿、楠正成、天兒屋根命、大織冠鎌足、羽倉東麿、岡部深淵、本居宣長、平田篤胤、神名不詳一座
祭祀 例祭    8月21日
弓の事始式 1月17日
茅輪神事  6月30日
弓の事始式は元和年間(1615~1624)より中之切町の不動明王院の鎮守であった弓場菅原社において行なわれていた。明治初年の廃仏毀釈によって寺院衰退し、式も中断していたが、明治16年8月に至って宇治山神社の境内に社殿を建てて、式を復興させた。中之切町ではこの式の時、一町内打寄り家督、養子広め、その他、名替りなどを町内に披露したという。
アクセス 三交「外宮・内宮」循環バス「内宮前」下車、3分