御座神社   – ござじんじゃ –

由 緒

 日吉社の鎮座地に、村内小祠を合祀して御座神社と単称したのは明治40年10月23日である。日吉社創始の記録については元禄年中(1688〜1703)火災によって文書消失したため、創立年代を知る手がかりはないが、老樟あり、周囲4、5メートル以上、高さ20メートルに及ぶものであったことから、古い社叢であったことがうかがえる。
 また、外宮旧神楽歌に「御座の島、御座の三ぐうじ」とあるのがこの社のことであろう。三ぐうじは、境内社を含む三宮祠のことを指すのであろう。
鎮座地 志摩市志摩町御座 418
電話番号
御祭神
祭祀
アクセス