河邊七種神社   – かわべななくさじんじゃ –

1604河邊七種神社 (17)

 通称 天王さん
 街の中心部在り、古くから天王さんとして親しまれ、岳の開山、世義寺の護摩さんと並び伊勢の三大祭に数えられている。毎年の天王祭には、協賛イベントが有り、街中が祭り一色となり近郷からの多くの人で賑わう。近辺には勢田川のほとり、蔵の街としての往時の面影が残り旧小川邸の伊勢河崎商人館と商人蔵が有り、隣接した伊勢春慶塗り工房が遠来の客を歓迎する。

由 緒

当社は、創祀の年代は不詳であるが、旧家村田氏が宝徳3年(西暦1451年)室町・足利時代に初めて当地に来住し祭祀して創立され、河邊の里の地名由来に依り、河崎社と称せしを明治4年6月より河邊七種神社となる。     旧社格 村社 明治4年11月2日 列格 明治23年9月8日 境内社 菅原社、秋葉社を合祀 明治41年6月 神饌幣帛料供進社に指定を受ける。明治41年11月2日 広峰社、水神社、稲荷社、幸神社、猿田社、金毘羅社を合祀 昭和21年2月2日 勅令第71号により、社格廃止となる。同年同月勅令第70宗教法人令に依り、同年5月10日 三重県知事に届出宗教法人として現在に至る。
鎮座地 三重県伊勢市河崎2丁目19の29番地
電話番号
御祭神 須佐之男神 久那戸神 大物主神 火産霊神 菅原道真公 他六座
祭祀 例祭 7月14日    天王祭    その他
アクセス 三重交通バス 神社港・大湊線 「河崎」停留所より 徒歩5分 JR伊勢市駅 北口より徒歩10分 近鉄宇治山田駅より徒歩15分