天之眞名井神社   – あめのまないじんじゃ –

由 緒

 主神「五男三女神」は、名田村が創置された時、一村の氏神として勧請されたというが、文政4年(1821)火災にかかって記録のすべてを消失しているので、詳細は不詳である。五男神は熊野三山の神であり、火の神、日の神であったし、三女神は宗像の神、水の神であり、航海安全の神で天の真名井に生まれ坐した神である。
 海に活きる人達の心の支えとなって来た神々であった。
鎮座地 志摩市大王町名田 266
電話番号
御祭神
祭祀
アクセス