宇田神社   – うだじんじゃ –

image41

 神殿に向かって左側に清らかなせせらぎが流れている。これより上流は鍋罹状になっており、処々に深い渕があり白竜を祀った祠がある。昔、大きな白蛇がこの谷を上下するのを見かけたところから白竜として祀ったものと思われる。現在でも時々小さな白蛇を見かけることがあると云う。

由 緒

 当社は昔から現在地に鎮座し、宇田神社と云い、村の氏神として尊崇してきたものである。明治42年5月11日に牛鼻神社に合祀されたが昭和29年9月18日に再び元の処に分祀された。神宝類も多くあったが、飢餓のときに村人の貧苦を見かねて、時の総代連が相談して、米などの担保として大里村の某家に提供した為、今はめぼしいものは残っていない。
鎮座地 三重県南牟婁郡紀宝町高岡876番地1
電話番号
御祭神 饒速日命
祭祀 11月第1日曜日
夏祭 8月17日
新年祭 1月1日
苗上式 6月1日
アクセス JR紀勢本線「新宮駅」下車、三重交通バス「中尾地」下車400m