木本神社   – きのもとじんじゃ –

image38

 木本町は、江戸時代に紀州徳川家の本藩公領地として『奥熊野代官所』が置かれ、熊野地方(熊野川以東から三重県北牟婁郡紀北町)の中心地として栄えた町です。木本神社は、もともと「若一王子権現」(“若一王子”は天照大神を意味します)といい、新田地区にあったものを現在地に遷座したと言われています。慶長13年(1608年)の遷宮棟札が現存しており、その頃から祭礼が行われています。例大祭では、木本町の各地区から様々な山車が出されて“暴れ神輿”の異名をもつ御神体が鎮座する神輿のお供をしながら町内を練り歩きます。

由 緒

 当社の創始については詳かでないが、現存する棟札によると慶長13年(1608)12月に木本町字新田から当地に遷座、天照皇大神を祀ったことが記させれている。明治41年1月9日に境内社の若宮神社二座、大国神社、恵比須神社、及び字新田町鎮座の稲荷神社、字切立鎮座の新田神社を合祀する許可を得て、同年4月20日にそれを執行。昭和26年9月27日に木本御靈神社を創設、また稲荷神社、菅原神社(元、新田神社)を飛地境内社として旧鎮座地に分祀した。
鎮座地 三重県熊野市木本町95
電話番号 0597-85-3586
御祭神 天照皇大神、天兒屋根命、天布刀玉命、大己貴命、事代主命、大山祗命、埴山姫命
祭祀 体育の日の前日
春祭 2月17日
秋祭 11月23日
アクセス JR紀勢本線「熊野市」駅下車、徒歩10分