八幡神社(北浦町)   – はちまんじんじゃ –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 尾鷲浦を見渡すように御鎮座されているため、海の御守護神として漁場を中心に近郷の人々の崇敬を集めている。特に9月15日午前零時の御扉開きから始まる例祭では、神賑わいとして十五町の氏子達が、各町で大名行列、手踊りなど披露しながら町内を練り歩く祭事が見物である。

由 緒

 当社の創祀等については、宝永(1707)の大地震による大津波で記録・古文書など一切流出しており詳にし難い。社伝によれば延宝4年(1676)に尾鷲浦の人々により八幡山山磯の上を開墾した際、この地の御守護神として八幡神を祀ったのが創祀といわれている。明治2年(1902)龍神社が合祀されたのでもわかるように、古くから尾鷲浦の海神として親しまれている。境内社として稲荷神社(倉稲魂命)が祀られている。
鎮座地 三重県尾鷲市北浦町1602
電話番号
御祭神 應神天皇、大綿津見神 
祭祀 例祭 9月15日
アクセス JR紀勢本線「尾鷲」駅 下車、徒歩18分