尾鷲神社   – おわせじんじゃ –

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 古くから「尾鷲の総氏神」として、氏子を始め、崇敬者他遠方からも親しまれている。ヤーヤ祭りは、旧正月にあたる2月1日から5日の5日間、神事、祭事が賑わう全国でも珍しい奇祭として名高い。2月1日、午前零時の御扉開きから始まり、2日~4日はヤーヤ行事、5日は祭典、弓射、最後に獅子御出ましで祭りを閉じる。特に2日~4日の夜、行われるヤーヤの練りは宵宮とも呼ばれ、二十町の若者達が集団を組んで「チョウサ・チョウサ」の掛け声と共に激しく練り合う姿は、主祭神の武速須佐之男命の武神を称えるが如く勇壮豪快で見物である。 又、境内にある大楠(夫婦楠)は樹齢1000年以上経ており、県指定の天然記念物に指定されている。

由 緒

 当社の創祀は、宝永(1707)・安政(1854)の大地震による大津波で記録・古文書などすっかり流出しており詳にし難いが、社伝には大宝年間(701~703)に武速須佐之男命(素戔鳴尊)を勧請したと伝えられる。口碑による鎮座年代、或いは、「紀伊続風土記」に神宮の神領であり、遷宮には外宮神職が神事を執り行ったとの記述から、通称、大宝(オオタカラ)天王とも称し崇敬せられてきた。明治8年に尾鷲神社と改称して郷社となり、旧浦村の氏神社を合祀し御祭神が現在の22柱を数える。神饌幣帛料供進社。
 境内社として皇大神宮(天照大御神)、稲荷神社(宇迦之御魂神)が祀られている。
鎮座地 三重県尾鷲市北浦町12-5
電話番号 0597-22-1486
御祭神 武速須佐之男命、櫛御氣野命、大山祗神、猿田彦神、應神天皇、若狭姫尊、菅原道眞、火之迦具土神、大物主神、國之常立尊、宇迦之御魂神、彌都波能賣神、天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、熊野久須比命、活津日子根命、多岐理毘賣命、市寸嶋比賣命、多岐都比賣命、級長戸邊命、事代主神
祭祀 ヤーヤ祭り 2月5日
人形供養 3月8日
夏越の大祓 6月30日
アクセス 電 車:JR紀勢本線「尾鷲」駅下車徒歩10分
自動車:伊勢自動車道から紀勢自動車道へ。熊野尾鷲道路を経て、尾鷲インターで降りる。直進約5分。