満留山神社   – まるやまじんじゃ –

SANYO DIGITAL CAMERA

 丸山の68段の階段を上がったところに鎮座し、町の産土神として信仰厚く、1月7日には江戸時代より続く弓立て神事が行われ、多くの人が見守る中、選ばれし奉仕者により弓が引かれ的に当たった数でその年の豊漁、豊作を占います。

由 緒

 当社は、町の北方丸山に鎮座し、祭神は八王子神及び合祀した八神の計16神である。『諸国誌草稿』には「八王子神、答志郡安楽島村字丸山にあり、境内面積千八百坪、祭神八王子にして創建年代詳らかならず、祭日は正月七日、末社七つあり」と出ている。志摩国のことを書いた『志陽略誌』にも「八王子社同安楽島にあり、牛頭天王、八幡祠、弁財天祠、恵比須宮等あり」と出ており、満留山神社の旧名は、八王子社であったと思われる。
鎮座地 三重県鳥羽市安楽島町810番地
電話番号
御祭神 五男三女神(正哉吾勝勝速日天忍穂耳命など)、他八座合祀
祭祀 神事祭 1月7日
天王祭 7月16日
アクセス 鳥羽駅より直結するバスターミナルから三重交通バス「安楽島行き」の「かもめバス」で約20分