美多羅志神社   – みたらしじんじゃ –

RIMG00491-

 本殿は神明造りで、伊勢神宮と同じように20年毎に遷宮をしている。享保4年の棟札や延享3年献品の青銅製の獅子一対、古文書などが保存される由緒ある神社。主祭神は天照大御神と速須佐之男命がうけいしたときにお生まれになった神々で、子授けのご利益があるとされている。夫婦で参拝してつがいのアワビを奉納すると、美しい瞳の子どもが授かるといわれ、遠くからも参拝者が来られている。

由 緒

 当社は、創立年代未詳。江戸時代は、隣の潮音寺の境内にあったようで、『三国地誌』に「八王子詞」とあり、『志陽畧記』にも「八皇子社、答志村に在り」とある。一番古い棟札は、享保4年(1759)金龍山円通寺の子敬法印の名で残っている。その他7回の棟札が残っている。
 明治4年『志摩国答志郡英虞郡神社取調鳥羽藩』文書には、「美多良志上社・美多良志下社」「両社祭神五男三女神、両社祭日正月十八日、造営両社共二十年目村方にて仕候」とある。江戸時代からわかっているだけで現在まで15回の遷宮を行っている。
 明治6年に村社として現在の社名にし、明治41年に村内にあった天王社・石神大明神社・白山大権現社・秋葉社・鍬形大明神社・天満宮・和気稲荷神社など19の神々を合祀している。主祭神は、帯(たらし)一族に由来するという。
鎮座地 三重県鳥羽市答志町984番地
電話番号 0599ー37ー2533
御祭神 日天八王子神(五男三女神→正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・天之菩卑能命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命・多紀理毘売命・市寸嶋毘売命・田寸津毘売命)他19座
祭祀 例大祭6月15日  祷屋祭・獅子舞祭1月4日
アクセス 答志島は伊勢湾の入り口にあるこの地域最大の島で、鳥羽港から市営定期船で「答志行き」に乗り、和具港か答志港で降り、徒歩15分ぐらい。(答志町と和具町の中間にあり)