若宮神社   – わかみやじんじゃ –

image1

 本殿は神明造で20年毎御遷宮が行われる。天王祭の特殊神事「棒練り」、神社から徒歩約10分の「あやめ池」は鳥羽市の文化財に指定されております。

由 緒

 当神社の創建年代は明らかでないが、坂手村落の発生について、神宮古文書に佐加太伎島、酒瀧島、坂手御厨とあり、現在の坂手島であることは充分推測できる。神社鎮座当時、坂手に人が住み御厨としての機能を果たすことができたことを物語っている。明治6年村社に列せられる。明治41年毛牟茂神社・浅間社・須賀社・白山社・山神社・池鮒社・白岩崎社・日吉社・日吉若宮社・月讀宮を合祀、若宮神社と単称する。
鎮座地 三重県鳥羽市坂手町136番地
電話番号 0599ー25ー3819
御祭神 正勝吾勝々速日天之忍穂耳命・天穂日命・天津彦根命・活津彦根命・熊野久須毘命・多紀理毘賣命・多岐都毘賣命・市杵島毘賣命・木花開耶姫命・大山祇命・素盞鳴命・月讀命・伊弉册尊・大山咋命
祭祀 例祭 1月11日   天王祭 7月第二土・日曜日
アクセス 坂手島は、鳥羽市の離島では一番近い島であり、鳥羽市営定期船坂手行き乗船約8分、下船後神社まで徒歩5分。