菅島神社   – すがしまじんじゃ –

image8

 伊勢神宮の神領給人引附目録に「菅島御厨」とあり、「御厨」とは台所の意味で、伊勢神宮へ鮑等の海産物を遠い昔より奉納していたことがわかる。又菅島の「しろんご祭」は有名で、7月11日の当日には毎年2~3社のテレビ局がら来島し、ほら貝を合図に白い磯着の海女が一斉に海に入る姿が放映される。雄・牝一対の鮑を一番最初に獲った者がその年の海女頭としてあがめられる。しろんごは菅島独特のなまりで、本当は白髭大明神である。

由 緒

 創立年代不詳、『神鳳抄』に須賀島、『神領給人引付』に菅島御厨、『東鏡』に志摩國菅島本宮ノ御領、その他『内宮引付』『散木奇歌』『山家集』に菅島の名がある。『志陽畧誌』に「八皇子社菅島村に在り、又八幡宮、牛頭天王、弁財天、土ノ宮、白ノ宮、山ノ神等在り」と記されている。また、享保11年指出帳に「宮山一ヶ所、此内位一ヶ所八幡宮、八王子、槌ノ宮、牛頭天王、白社、五ヶ所山神二ヶ所、城之明神、弁財天、観音」とある。明治6年村社、明治40年12月村内各社を合祀して菅島神社となる。
鎮座地 三重県鳥羽市菅島町1番地
電話番号 0599-34-2021
御祭神 應神天皇、八柱天神、素戔鳴尊、不詳一座
祭祀 例祭 12月5日、  春祭 1月17日、 天王祭 7月14日
アクセス 鳥羽市営定期船乗り場佐田浜港より、菅島行き約15分、菅島港下船後約5分